アイピルの効き目を引き出す正しい飲み方(用法・用量)

サイト名

アイピルの効き目を引き出す正しい飲み方(用法・用量)

アイピルの服用タイミングは性交から72時間以内

アイピルの避妊効果は適切な用量用法を守って服用することで発揮されます。間違った飲み方は避妊成功率を低下させますので注意してください。アイピルの避妊効果を最大まで引き出すには飲むタイミングが重要となります。

アイピルの正しい飲み方は、1回1錠を性交後72時間以内にできるだけ速やかに服用することです。アフターピルは性交からいかに早く服用するかが重要です。アイピルを飲むのが遅れると体内では着床(=妊娠)の準備が進んでしまいます。先発薬であるノルレボにおいても、できるだけ速やかに投与することを服薬指導することが定められています。

もたもたと服用を後回しにしていると妊娠の可能性が上がっていきます。72時間も余裕があるなら明日でもいいやと気持ちが緩んでしまってはいけません。72時間以内というのは、制限時間のようなもので早く飲むことに越したことはありません。72時間後よりも後にアイピルを飲むと妊娠阻止率は低くなります。

アイピルの服用は1回1錠だから飲み忘れの心配が少ない

アイピルは1回1錠の服用で高い避妊効果が得られます。有効成分のレボノルゲストレルを1.5mg含有することで1錠でも十分に効果を発揮することが可能となっています。アイピルの先発薬ノルレボの各国で行われた臨床試験では、有効成分として0.75mgを2回服用した場合と1.5mgを1回服用した場合とでは同等の効き目が確認されています。

服用回数が少ないことで飲み間違いや飲み忘れを避けられるメリットがあります。従来の緊急避妊法では2回服用する必要があり、1回目はちゃんと飲んだとしても2回目を忘れてしまうことがありました。アイピルなら1回1錠と非常にシンプルな用量用法なので飲み忘れることはまずないでしょう。

アイピルは成分の吸収に影響しない水と一緒に服用

基本的にアイピルは錠剤がのどに引っかかったりしないように水と一緒に服用します。水ならアイピルの成分が吸収されるのを阻害することがほとんどありません。最も理想的なのはぬるま湯です。内蔵にかかる負担が最少限で効率良く成分が吸収されます。先発薬のノルレボにおいても水またはぬるま湯で飲みこむとよいでしょう。

水といっても冷水は避けた方が良いです。冷たい飲料水は胃腸を刺激してしまうため、アイピルを飲む際は常温に戻した水で飲む方が良いでしょう。自動販売機で売られているミネラルウォーターは冷やしてある場合が大半ですから、買ってすぐには薬を飲むのに適してるとはいえません。
しかし、常温になるまで待っていて服用のタイミングが遅くなっては本末転倒です。常温の水がすぐに準備できないのであれば、少し冷えている程度まで戻してから飲んでください。

どうしても水以外でアイピルを服用したいという方はノンカフェインのお茶か麦茶で飲んでください。カフェインが入っていても問題とはなりませんが入っているよりは入っていないものを選んだ方が無難です。お茶や麦茶でアイピルを服用する際は吸収率への影響をなるべく減らすために少量にしてください。

緊急時でもコーヒー・ジュース・炭酸飲料での服用は避けることが大切

アイピルの先発薬ノルレボの添付文書には、コーヒー・ジュース・炭酸飲料で摂取してはいけないという内容の記載はどこにもありません。つまり、これらの飲み物でアイピルを服用したとしても問題となる可能性は少ないということです。

しかし、水以外の飲み物でアイピルを内服することは推奨されていません。ピルの服用では問題ないとされているもののコーヒー・ジュース・炭酸飲料は他の内服薬の服用において影響することがあるためです。コーヒーは胃酸の分泌促進が薬の吸収に影響し、グレープフルーツを使ったジュースは薬の成分の代謝を阻害することがあります。炭酸飲料は消炎鎮痛剤や制酸剤と相性が悪いです。

そもそもとして薬は水で服用することを前提に作られています。添付文書で禁止されていないとはいえ、わざわざ水よりもトラブルの起こる可能性が高い飲み物でアイピルを服用することは避けましょう。緊急時においてなるべく早めかつ安全にアイピルを服用するためには、常温の水を一緒に常備しておくことが大切です。