アイピルを通販で購入【望まぬ妊娠】を防ぐアフターピル通販

サイト名

アイピルを通販で購入【望まぬ妊娠】を防ぐアフターピル通販

避妊に失敗した際の緊急避妊法として使用されるアイピルは海外医薬品を専門的に扱う通販サイトから購入できます。大手通販サイト「あんしん通販マート(旧:あんしん通販薬局)」では、1箱(1錠入り)1,780円からアイピルを注文できます。

あんしん通販マートの商品ページには、サイト専属の薬剤師が監修した緊急時におけるアイピルの正しい飲み方や厳守すべき注意点など、服用に際しての基本情報が記載されています。アイピルの通販は、適切な用法を把握したうえで利用しましょう。

アイピルを2箱以上まとめて注文することで1箱あたりの価格が割安になり、7箱(7錠)をまとめて注文することで1箱あたりの価格は1,191円まで割引きされます。

病院処方されていないアイピルを常備する方法は通販だけ

アイピルのような海外製のアフターピルは、使用者本人が個人で利用する場合に限り輸入が認められています。海外医薬品であるアイピルを手に入れる方法として最も一般的なのが、海外医薬品の通販(個人輸入代行業者)を利用することです。

個人輸入代行サイトでは、アイピルのような海外医薬品の個人輸入するために必要な手続きを、使用者の代わりに行ってくれます。個人輸入代行サイトは、いざという時に備えて即時に緊急避妊が行えるようアイピルのようなアフターピルを常備しておくための利用に適しています。

アフターピル、アイピルを個人輸入するメリットは、もしもの時のために持っておくと安心だということです。特に緊急で避妊をしたいとき、アフターピルの服用はできるだけ早く服用した方がよいということです。性交後3日以内に服用すれば、避妊に成功することができますが、それ以上超えてしまった時は、避妊の効果がない場合もあります。もしアフターピルが手元にあれば、万が一望まぬ妊娠をする可能性がある時に、すぐに服用することができます。

ただし、アイピルの通販サイトの中には悪質業者も含まれていますので、できるだけ信頼できる老舗の大手サイトを利用された方が安全に購入できるでしょう。信頼できない通販サイトで購入した場合、偽物だったり、お金だけ支払って、品物が届かないなどの詐欺に引っ掛かってしまう危険性もあります。そのためアイピルを通販で購入するならば、信頼できる大手の老舗サイトを利用するのが正解です。

アイピルの通販なら比較的安価でアフターピルが手に入ります。

アイピルは、代表的なアフターピルとして世界的な知名度があるノレルボのジェネリック医薬品です。通販でのアイピル購入は、なるべく緊急避妊に必要な費用を安く抑えることを優先されたい女性に適しています。

ノルレボを手に入れるには婦人科もしくは産婦人科がある病院やクリニックを受診しなければなりません。ノルレボは保険が適用されませんので、処方にはかなり高額な費用がかかります。先発薬であるノルレボは自由診療価格でしか処方されないため1錠あたりの薬価が特に高めです。また病院の初診料もかかりますので、その費用もさらに必要であることを肝に銘じておきましょう。ノレルボ錠の処方価格は病院によって価格に差があります。ノレルボ錠は基本的に保険が適用されませんので、全額負担で診察代と薬代でだいたい1万5千円~2万円ほどの費用がかかります。

ノルレボにはアイピルにはないメリットもあります。医師からの指導を元に服用できる安心感です。体内のホルモンに対抗するホルモン製剤なので、副作用もそれなりにはありますが、致命的な副作用はないので比較的安心です。使いやすさと世界中で処方されている実績がありますから、緊急避妊が必要な時の頼れる味方となるでしょう。自宅や職場のお近くにある病院・クリニックを受診される場合は、あらかじめ緊急避妊薬の処方価格を確認しておくと、費用を抑えつつ緊急時に対処できます。

ノルレボの価格をネックに感じる場合は同じ効果が得られる割安なジェネリック医薬品であるアイピルを使いましょう。アイピルの通販価格はノレルボの処方価格に比べて十分の一と格安ですが、日本では認可されていない薬(未承認薬)ですので日本国内の病院では取り扱われていません。そのため海外医薬品の個人輸入を代行する通販サイトは、最も一般的なアイピルのを購入方法として認知されています。

アイピルの購入に必要な手続きはすべて通販サイトが代行します。

アイピルの個人輸入に必要な手続きを注文者本人だけで行う場合、自分で日本国外の業者とやり取りを行わなければなりませんので英語力が必要です。そのうえ信頼できる業者を選定するなどの手間などもあり、とても煩わしい作業です。アイピルの通販サイトは、個人の代わりに煩わしい輸入業に関わる手続きをすべて請け負ってくれます。そのため注文者は、amazonや楽天といった一般的な通販サイトと同じ流れでアイピルを注文できます。

女性の中には、婦人科でアフターピルを処方してもらうことに恥ずかしさを感じる方もいます。そのような方にとってもアフターピルの購入のためにクリニックに行くことは勇気のいることでしょう。通販ならば恥ずかしい思いをすることなくアイピルを購入できます。
医師の診断の元に緊急避妊薬を入手されたい方は、産婦人科または婦人科のある病院・クリニックを受信して先発医薬品であるノルレボ錠を処方してもらいましょう。

アイピルは世界的に有名な緊急避妊薬ノルレボのジェネリック

アイピルの先発薬ノルレボは、日本で最初に承認された緊急避妊薬(アフターピル)で信頼性が高く幅広く活用されています。世界的には1999年に発売されたのを皮切りに、現在では50ヵ国を超える国々に普及済みです。WHOも認める国際標準の緊急避妊薬であるノルレボと同じ薬効を発揮するアイピルを活用することで、望まない妊娠のリスクを減らすことが可能です。日本での緊急避妊薬の認知度は欧米諸国に比べて低いとされています。

アイピルはノルレボと同じ錠剤タイプの緊急避妊薬として開発されています。有効成分としてレボノルゲストレルという黄体ホルモンを含み、望まない妊娠を防ぐ効果を発揮します。直径7mm程度・厚さ4mm程度とコンパクトなサイズなので錠剤を飲みこむのが苦手な方でも楽に服用できます。普段からビタミン剤などのサプリメントを飲みなれている人であれば全く抵抗感なく飲めるでしょう。

アイピルやノルレボは用量用法を守り服用すれば、とても高い確率で避妊に成功します。日本で一般的な避妊法はコンドームの着用ですが、それだけでは妊娠を防ぎきれていないのが現状です。アフターピルを常備しておけば避妊具による避妊に失敗しても慌てることなく妊娠を避けられます。

アイピルはあくまで緊急時に服用するものです。

本来、妊娠することは喜ばしいものであるべきですが、個々人の事情により望まない妊娠をしてしまうことがあります。アイピルやノルレボといったアフターピルを常備することが当たり前の時代が日本に訪れれば、望まない妊娠のリスクに不安を抱える女性の悩みや負担の多くを軽減できるでしょう。

理想的な避妊は計画的に行うものです。アイピルなどのアフターピルはあくまで緊急避妊に用いるもので避妊に失敗して初めて出番となります。低用量ピルによる計画避妊は避妊成功率が高く、生理痛の軽減などにも効果があります。

避妊をしなかった・失敗したときはアイピルで緊急避妊

性交は男女のコミュニケーションとして行われる面もあります。当然そういった際にも妊娠の可能性はありますので、避妊をしなかったり失敗してしまったりすると女性は「もしかしたら妊娠してしまったのではないか?」と不安を感じてしまいます。アイピルやノルレボは望まない妊娠の可能性があるときに行う緊急避妊法の第一選択です。

生理周期によって妊娠しやすさが変わることはよく知られています。妊娠しやすい期間を危険日、妊娠しにくい期間を安全日といったりもしますが、妊娠の可能性が0%になることはありません。安全日だと思って避妊せずに性交を行い赤ちゃんができることは珍しいことでもないでしょう。コンドームは性交中に外れたり破損したりといったハプニングが起こることがあります。

妊娠の可能性を考えて不安になるよりも、緊急避妊薬を飲んで安心を得た方が精神的にも健全でしょう。アフターピルは性交から72時間以内に服用することで避妊効果があります。産婦人科で処方を受けるのをためらっていると妊娠を防げなくなります。通販ならば病院に行くことなくアイピルを常備できるので性交後すぐに服用できます。

産婦人科の中にはアフターピルを扱っていないところもあります。アフターピルの取り扱いについては病院のホームページから調べられることが多いので、自分の近くの産婦人科ではアフターピルを処方してもらえるのか確認しておくとよいでしょう。

通販を利用してアイピルを常備しておくことの重要性

ノルレボやアイピルを用いて緊急避妊を行う場合、性交からできるだけ早いタイミングで服用することが大切です。妊娠には排卵・受精・着床のステップがあります。着床すると妊娠が成立し、そのあとにアフターピルを飲んでも避妊効果は得られません。アフターピルは妊娠の可能性がある性交から72時間以内に飲むことで妊娠のリスクを大幅に下げられます。

ノルレボもそのジェネリック品であるアイピルも同じ成分を含んでいますので効き目に差はありません。性交後72時間以上経った後に飲んでも緊急避妊の成功率は低下してしまいます。とはいえ、全く避妊できないわけでもないので飲まないよりは飲んだ方が避妊に成功する可能性があります。
アフターピルを性交72時間以内に服用した場合の妊娠阻止率は81%、72時間後から120時間後までに使用した場合の妊娠阻止率は63%だと言われています。

早くにアフターピルを服用するためには薬を常備しておくことが理想ですが、病院やクリニックでは事前に処方してもらうことができません。そのため処方箋を必要としない通販でアイピルを購入しておくといざという時にすぐ緊急避妊が行えます。

ノルレボやアイピルは従来の緊急避妊法よりも安全性が高くなっています。

アフターピルの使用に抵抗を感じる方もいるかもしれません。アフターピルは正しく使えば妊娠を防ぐのに大変有効です。ノルレボは病院処方、アイピルは個人輸入代行サイトから通販を利用することで手に入ります。

低用量ピルを利用した従来の緊急避妊法と比較して、アイピルやノルレボは吐き気など副作用が起こりにくいよう改良されています。体内のホルモンバランスが一時的に変化するので、全く副作用がないとはいきませんが心配が必要な症状があらわれることはほとんどありません。服用回数が1回きりということもあり、副作用が長時間続くことはまずないでしょう。